「HACCP認証」取得までの道のり⑧ <一般衛生管理(PRP)>

こんばんは!

 

ここまで 12 手順 (てじゅん) 7 原則 (げんそく) について

書いてきましたが

HACCP (ハセップ) 構築 (こうちく) するためには

手順原則以外に前提条件 (ぜんていじょうけん) があります。

 

前提条件専門用語

PRP(Prerequisite (プレリクイジット) Programs (プログラム) )と呼ばれていて

食品安全確保 (かくほ) するための

前提となる条件のことです!

 

たまにPRP(s)と表現されている事がありますが

この(s)は複数形 (ふくすうけい) の「S」を意味していて

前提条件が複数あるって事だよ。

 

ところで PRP には

どんなものがあるのか?というと・・・

 

 

実は食品工場調理場 (ちょうりば)

当たり前のように行われている事ばかりです。

 

例えば・・・

 

 

洗いをシッカリしましょう!だったり

体調悪いときは

食材を取り (あつか) う作業を (ひか) えましょう!とか

作業服 (さぎょうふく) のまま外に出たりトイレに行かないで!のような

何も意識しなくても (みな) さんが やっているような内容です。

 

それは家でも同じですよね?

 

外から帰ったら部屋着に着替え

料理しませんか?

 

料理をする前に洗うなんて当たり前だし

体調悪ければ惣菜 (そうざい) を買ったり

体調悪くない家族の方が

料理したりしますよね?

 

 

それは不特定多数 (ふとくていたすう) の人に

食品を提供 (ていきょう) する食品工場や調理場でも同じで

安全食品を提供するためには

基本となる清潔度合 (せいけつどあ) いを保っていないと

どれだけカッコ付けた管理をしていても

食品安全は確保 出来ないのです()

 

 

PRP 全て?を紹介するとそれだけで

一つのテーマ成立するぐらいの

ボリュームになるので

今回は すぐに思い付くような

当たり前の内容だけの紹介にしておきますね(笑)

 

 

PRP を考えるポイント

食材を取り扱う「あなた」の 今の状況は

安全食品を作れると

自信を持って言える!姿ですか?

こんな質問を自分に問いかけてみると

実施 (じっし) している管理が十分か?どうか?が

見えてくると思いますよ。

 

ということで今回はこの辺で休憩 (きゅうけい) にして

続きは次回に () () したいと思います!

 

それでは

HACCP認証」取得までの道のり ⑨ <最も重要なOPRPの管理> で

この続きと共にお待ちしております。

 

本文の終わりを示すイラスト

 

まだまだ!

他の記事も 読んでみたい方は

サイトマップ (目次) Go

サイトマップのイラスト

 

mint