「HACCP認証」取得までの道のり③ <製品説明書の作成内容>

こんばんは!

 

前回HACCP (ハセップ) 構築 (こうちく) の手順 1 になっている

HACCP チームの編成 (へんせい) 」について

記事を書きましたよね。

 

今回は手順 2  「製品説明書 (せいひんせつめいしょ) の作成」と

手順 3  「意図 (いと) する用途及 (ようとおよ) び対象となる消費者 (しょうひしゃ) の確認」について

書いていきたいと思います!

 

 

製品説明書

 

もしかすると 聞いた事がない()

そんな人も居るかもしれません・・・

 

 

ただ、このフレーズ

HACCP の運用に (たずさ) わると

必ず!耳にすることになります(笑)

 

 

どんなものかと言うと・・・

 

 

その名の通り!

 

製品説明書です(笑)

 

何かの取扱 (とりあつか) 説明書想像した方・・・

 

 

安心して下さい!

 

「一言で」

製品について表すなら こうだ!

みたいな感じの簡単なもので OK で~す。

 

厚生労働省 (こうせいろうどうしょう) のホームページに

製品説明書のサンプルがあるから

それを参考 (さんこう) に作ってみてね。

 

 

続いて手順 3 の

意図する用途及び 対象となる消費者の確認

に入っていくのですが

製品説明書には手順 3 で確認した内容を

書かないといけません()

 

例えば「意図する用途」だけど

一般的には 製品説明書

喫食 (きっしょく) 又は利用の方法」という項目 (こうもく) を作って

そこに「そのまま喫食」とか

加熱して喫食」など、対象になる商品を

どのように食べるのか?について書きます!

 

 

次に「対象となる消費者」についても

製品説明書に書いておきます。

 

誰に向けて作っている製品なのか?

例えば中間品として

取引先に納品する 製品なのか?

そうなら「対象となる消費者」の項目には

○○株式会社など納品先の名前が入ります!

 

最終商品として お客様に提供 (ていきょう) するなら

「対象となる消費者」の項目には

個人名は書けないから(笑)

一般消費者と記載 (きさい) するよ。

 

 

手順 3 で紹介した項目は

別枠 (べつわく) (もう) けられているぐらい

大事な内容なんだ!

 

その他にも

商品名や使用している原料は もちろんのこと

保存方法賞味期限 (しょうみきげん) についても

書いておいた方がいいね!

 

 

ちなみに僕は

厚生労働省のホームページで紹介されている

サンプルを利用して 製品説明書を作ったよ。

 

 

あれも これもって

色んな内容製品説明書に書きたくなるけど

たくさんの情報を入れすぎると

逆に分かりにくくなるから 気を付けてね(笑)

 

必要最低限 (ひつようさいていげん) ぐらいで調度いいよ。

 

ということで今回は この辺で休憩 (きゅうけい) にして

続きは 次回に持ち越したいと思います!

 

それでは

HACCP認証」取得までの道のり ④ <フローダイヤグラム作成>

この続きと共にお待ちしております。

 

本文の終わりを示すイラスト

 

まだまだ!

他の記事も 読んでみたい方は

サイトマップ (目次) Go

サイトマップのイラスト

 

mint