食品表示の基礎!

今回は 食品表示について

書きたいと 思います。

 

食品表示とは

販売されている 食品の

確認すべき 情報が書かれたもので

 

包装されている 食品には

基本的に「食品表示」をする

義務 (ぎむ) があります!

 

 

僕らは 食品表示を見て

安全な食べ物か?どうか?を

自分で判断 (はんだん) します!

 

例えば食物アレルギー

持っている人なら

その食材(アレルギー)が入っている

食べ物は 買わないなど

 

食品表示が にする食べ物の

安全を判断する

唯一 (ゆいいつ) 情報源になるんだよ。

 

 

食品表示には「一括 (いっかつ) 表示」と

「栄養表示」の 2 種類があります。

 

まずは一括表示で 最低限するべき

表示について 簡単に説明するね!

 

①名称

その内容を表す 一般的な名前。

 

②原材料名

使用した 原材料を

重量の多い順」に 表示する。

 

③内容量

「  (グラム) 」「 kg  (キログラム) 」「 mℓ  (ミリリットル) 」「 ℓ  (リットル)

と単位を 明記 (めいき) して 表示する。

※カタカナでも OK だよ!

 

④期限表示

賞味期限、消費期限の表示。

 

⑤保存方法

その食品の賞味期限を

保証するための 保存方法。

 

⑥製造者

製造者の氏名、所在地を 記載する。

製造所固有記号 (せいぞうしょ こゆうきごう) でも OK

 

そして・・・

 

 

①~⑥の順番で 表示されています。

 

家にある食品の 表示を見てみて!!

ほんまや!」って なるから(笑)

 

(あらた) めて見ると おもしろい

発見あるよね!!

 

 

この内容を「 8 ポイント」という

文字の大きさで 表示するように

決められているんだ!

※表示する場所の 大きさが

150 c㎡以下の場合は

「 5.5 ポイント」でもいいね!

 

んっ!

 

ポイント?

 

何それ??

 

そんな方は 下図を見て

ポイント

こんな感じで 表示するべき

文字の大きさが 決められているよ!

 

 

次に 栄養表示の解説です!

 

栄養表示とは

熱量( kcalカロリー)

気になるよね~!!

 

②タンパク質( g )

見ても よくわからないよね~!

 

③脂質( g )

少ない方が いいの??

 

④炭水化物( g )

(糖質もしくは食物繊維 (しょくもつせんい) でもOK )

※食品 100 g あるいは

飲料 100 mℓ に対して

糖質が「 0.5 g 」以下なら

「糖質ゼロ」と表示してもいいね!

 

⑤ナトリウム( mg )

ナトリウム( mg ) × 2.54 ÷ 1,000 = 食塩相当量 (しょくえんそうとうりょう) ( g )

※法律が変わり 今後は

食塩相当量で 表示することが

義務付けられる みたいです。

 

ナトリウムの量で 書かれても

わかりにくい もんね・・・

 

 

もちろん!!

①~⑤の順番で 表示されています!

 

 

食品表示は 僕ら消費者にとって

食材の情報を 確認できる

唯一の手段です!

 

産地の偽装 (ぎそう)

表示内容に (いつわ) りがあると

食品安全性を確保できない

だけでなく!

 

企業 (きぎょう) としての信頼も

無くして しまいます・・・

 

 

食品表示は 資格試験があるほど

奥が深い 内容ですが

正しい知識を 身につけて

 

安全信頼される 食品

提供 (ていきょう) していく ことが

求められます!!

 

 

今回は 基本的な内容について

投稿しましたので

 

これから このブログを通じて

少しずつ 詳しい内容について

解説していきますね!

 

関連記事

食物アレルゲンと食品表示①

食品添加物と食品表示!①

トランス脂肪酸って何なんですか?みんな気になってます!①

農場から食卓まで を取り合って 管理しよう!!

 

本文の終わりを示すイラスト

 

まだまだ!

他の記事も 読んでみたい方は

サイトマップ (目次) Go

サイトマップのイラスト

 

mint

 

コメントを残す