今の 食品業界を見て 思うこと!

今日は今の 食品業界を見て

僕が感じた 想い

( つづ ) りたいと 思います。

 

フードディフェンスの基礎!②

の記事でも 紹介しましたが

 

今の 食品工場

病院の集中治療室」のように

厳重 ( げんじゅう ) に なっていって います()

 

そんな 食品業界の流れから

先月、僕は 職場の仲間に・・・

 

 

社員名簿 もしくは

契約書を配るときに

本人の身分が 確認できる

証明書のコピーを 同封して下さい

と伝えました。

 

決して!仲間を 疑っている

訳では ないです()

 

偽名で 働いている人が

居ないことも 知っています!

 

でも・・・

 

 

僕が知っているか どうかは

世の中には 関係ないんです()

 

 

当然!!

 

身分証の提示 ( ていじ )

求めた後は 何で??って

空気に なりました・・・

 

 

これは 2013 年末!!

 

食品に農薬を 意図的に

混入させた あの事件の後・・・

 

 

犯人の身元や

なぜ 前の会社を 辞めたのか?を

入社前にちゃんと 調べていれば

防げた事件では なかったのか?

と言う 議論 ( ぎろん ) の延長で

 

義務では ありませんが・・・

 

 

食品会社が 確認した方がいい

項目の 一つとして

推奨される 風潮 ( ふうちょう ) となりました。

 

ただ・・・

 

 

今の時代は 義務じゃないから

やってません!では

信用されません・・・

 

 

それが 食品を扱うと

言うことなのです!!

 

問題が 起きて!再発防止のために

管理が厳しくなるのは

ある程度 仕方がない

ことなのかも しれません・・・

 

 

でも その前に 言わせて下さい!!

 

 

この前 あるフランチャイズの

ご飯屋さんで 従業員の子が

マスクもせず!しゃべりながら

 

素手で サラダ

盛り付けていました(驚)

 

 

いやいや!

マスクせずに しゃべったら

食材に  ( つば ) ついてるし

 

そもそも

素手で 食材 触ったら

アウト~!!」やから・・・

 

 

のひらには

考えられへん ぐらい

食中毒に  ( つな ) がる菌が

居るんです!!

のひらに 付いている

代表的な 微生物はこれだ!!

 

 

そんなん 言うてたら

お寿司も 素手 ( にぎ ) ってるやん!

って言う人も

居るかも しれませんが

 

お寿司は () が入ってるから

食中毒のが 生きられないんです!

詳しくは「身近な存在!p H で制御しようを見てね!

 

 

もしくは を 加える食材なら

素手で 取り扱っても

まだ分かります!

黄色ブドウ球菌が出す

エンテロトキシンを考慮したら

本当はダメだよ!!

 

ただ・・・

 

 

サラダは 生で食べるから・・・

 

 

そんな 風景を見るたびに

僕が仲間に 求めている 厳しさは

必要以上だと 感じます()

 

僕の会社には

素手で食材を 触っている人も

マスクを付けずに

作業をしている人も 居ません!

 

 

例えば どこかの県で

ユッケを 食べて

食中毒になったと しましょう。

 

それは その県の

その店舗が 悪かった・・・

と言う 問題では ないんです。

 

それをメディアで 放送した日から

日本中で 生のユッケ

食べられなくなるんです()

 

 

何度も 言いますが

食品を扱うと 言うのは

それぐらい 大変で

 

中途半場では

通用しないんです!!

 

 

僕が たまに行く食堂では

マスクは 透明のものが

採用されています。

 

それは・・・

 

 

顔が見えるから という理由です。

 

顔が 見えないと

もしかしたら・・・

 

 

知らない人が ( まぎ ) れ込み

食品に 危害を加えるかも

しれないという

ありえない?発想です()

 

 

これがフードディフェンス

の考え方です!

 

 

もちろん「素手」で

食材は 触っていません!

 

今の時代は

それで「普通」なのです。

 

 

食品工場の管理を

厳しくするのは

良いのですが・・・

 

 

その前に お客さんに

一番 近いところで

作業している 人にも

もっと 目を向けて

欲しいものです・・・

 

本文の終わりを示すイラスト

 

まだまだ!

他の記事も 読んでみたい方は

サイトマップ (目次) Go

サイトマップのイラスト

 

mint

 

コメントを残す