冷凍食品の出荷!夏場は注意して!!② 完結

Hello!

名探偵mintです。

 

昨日の投稿に 引き続き

 

暑くなってきたので

冷凍食品が 出荷作業のときに

() けていないか 心配です・・・

 

 

という 調査依頼の検証結果

紹介したいと 思います!

 

 

前回までの投稿

計測したトラックの

荷室 (にしつ) 温度(約 10 ℃)で

 

冷凍商品を 放置 (ほうち) すると 何時間ぐらいで

解凍されてしまうのか?について

調査するところまで 書きました!

 

 

僕らの検証 (けんしょう) では 約 10 ℃の環境で

冷凍商品を 放置すると

 

4 時間で-18 ℃の商品が

-3 ℃まで 温度が上昇するという

結果になりました。

 

 

念のため 4 時間後の 商品を開封して

中身を 確認しましたが

 

さすがに 4 時間も 放置すると

凍ってはいますが

許容範囲 (きょようはんい) ギリギリ という

状態でした・・・

 

 

そして この状態で もう 1 度

-18  ℃まで 温度を下げ

商品の状態が どうなるか?

確認してみました。

 

 

温度が 高くなったことが原因で

フルーツの表面に

果汁が染み出してしまい()

 

フルーツが お互いに引っ付いて

(かたまり) になってしまったら

ダメだもんね・・・

 

 

フルーツ糖度 (とうど) が高いから

ベタベタするよね?

 

だから 溶けると

お互いに引っ付くんだ!!

 

 

結果は・・・

フルーツが 引っ付くことなく

正常品と 同じ状態で 凍っていました!

 

 

ちなみに 微生物検査結果

問題ありませんでした!!

 

 

今回の 調査結果としては

 

夏場の出荷作業は 長くても

4 時間以内に 終わらせないと

商品に影響が出る 可能性があるという

結果になりました。

 

 

ただ・・・

 

 

トラックの荷室や 外気温の影響

検証する 商品によっても 違うので

 

この結果が すべての冷凍品に

当てはまる 訳ではありません!

 

 

あくまでも トラックの荷室を含め

10 ℃の環境 だったとしたらです!

 

ちなみに 26 ℃の 環境だと

1 時間以内に 完全に

溶けていました・・・

 

 

なので 参考程度にしてね!!

 

 

最後に 余談ですが

 

僕が検証した 冷凍商品は

ダンボールに 入っていました。

 

 

クール宅急便に 使われているような

特殊な加工がされた

保存ダンボールほど ではありませんが

 

ダンボールには 断効果があります!

 

 

これは ダンボール

ライナーという厚紙が

波状 (なみじょう) になっている (しん) の中を

(はさ) むように 作られているから

 

波の高さ分の隙間 (すきま) に 空気の (そう) ができて

機能を果たすんだ!!

段ボールの断面

 

そして紙は もともと

伝えにくい 素材なんだよ!

 

 

紙コップに お湯を入れても

素手で (つか) めるのは そのためだ

 

あれが を伝えやすい

鉄のコップだと・・・

 

 

熱っ!!ってなるよ(笑)

 

by 名探偵mint

 

関連記事

安心して下さい!あなたの疑問を解決しちゃいます!!②

 

本文の終わりを示すイラスト

 

まだまだ!

他の記事も 読んでみたい方は

サイトマップ (目次) Go

サイトマップのイラスト

 

mint

 

コメントを残す