照度と色温度が検品効率を変える!!①

今日は 僕らの生活にも 関係している

「明るさ(照度)」を食品工場では

どんな風に管理しているのかに

スポットライトを当てて

記事を 書いてみたいと 思います!

 

明るさだけに

スポットライト・・・

 

 

上手い(笑)!!

 

 

早速ですが 日本工業規格 (にほんこうぎょうきかく) (JIS (ジス) )では

(Japanese (ジャパニーズ) Industrial (インダストリアル) Standards (スタンダーズ) )

こんな風に 照度 (しょうど) 基準 (きじゅん)

決められています

 

 

一般の製造工場 (せいぞうこうじょう) で 普通の視作業 (しさぎょう)

⇒ 500 lx (ルクス)

 

繊維 (せんい) 工場での選別 (せんべつ) や 検査

⇒ 750 lx

 

ちなみに 照度とは 明るさの指標 (しひょう)

ルクス(lx)という単位で 表されます!

 

 

僕らは この指標を参考 (さんこう)

照度 (しょうどけい) と呼ばれる 測定器 (そくていき) を使って

 

作業場照度基準値内 (きじゅんちない)

(おさ) まっているのか?を 定期的に

確認しているんだよ!

 

 

ここで注意しないと いけないことは

実際に 作業をしている状態で

照度を 測定しないと

 

誰も 居ないときは

基準値内に 照度が収まってるけど

作業を 始めると

 

作業者が (さえぎ) ってしまい

充分 (じゅうぶん) 照度確保 (かくほ) できていない!

なんて事も 考えられます()

 

 

極端 (きょくたん) な話!検品台の場所を

変えるだけでも 手元の明るさに

影響 (えいきょう) (およ) ぼす こともあるんだ(驚)

 

 

どの方向から 作業場所に

が当たっているのか?も

照度と同じように 大事なんだよ!

 

 

ところで JIS の規格を参考にする!

って言っても 実際には

どれぐらいの照度にすればいいのか?

なんだけど・・・

 

 

僕の経験上!作業者の手元で

700 ~ 1,000 lx ぐらいの

照度があれば

 

充分な 明るさがあると 感じられて

検品作業も やり易いと感じます

※個人差があるので すべての人に

当てはまる 訳ではないよ。

 

 

と言うことで 今回はここで

休憩 (きゅうけい) にしたいと 思います!

 

 

それでは

照度と色温度が検品効率を変える!!②

お会いしましょう!

 

 

まだまだ!

他の記事も 読んでみたい方は

サイトマップ (目次) Go

 

mint

 

コメントを残す