テストピースにも使われている!ステンレス (SUS) ってこんな物!!

こんばんは!

 

今回は X異物検出機 (せんいぶつけんしゅつき)

金属検出機のテストピースでも

確認に 使われている「ステンレス

について 色々 書いてみます!

 

 

ところで ステンレスとは

どんな物なんでしょう?

 

 

存知 (ぞんじ) の方も

たくさんいらっしゃると 思いますが

 

鉄(Fe)に クロム(Cr)を 混ぜた物で

Stain (ステイン)  : 汚れ Less (レス)  : 少ない=

Stainless (ステンレス)  : 汚れが少ない( () にくい)

という 意味です。

 

鉄(50 % 以上)の 表面を

クロムで (おお) っているから

錆びにくいんだよ!!

 

 

だから 食品工場では 錆びにくく

耐久性 (たいきゅうせい) が強いという 理由から

 

作業台や シンク(流し台)

機械や 荷物 (にもつ) を運ぶ 台車など

ほとんどの物に ステンレス

使われています!

 

 

・・・

 

 

ここからは 少し

マニアックな 話になるので

「へ~」って 感じで

読んでくれれば いいです()

 

じゃあ いきますよ~!

 

 

ステンレスには 色んな種類があって

 

鉄(Fe)と 混ぜられている

クロム(Cr)の 割合によって

こんな風に 分類されています!

 

・オーステナイト系ステンレス(SUS 304)

※クロム(Cr):18 %、ニッケル(Ni):8 %

(通称 (つうしょう) :18 – 8 ステンレス)

 

・フェライト系ステンレス(SUS 430)

※クロム(Cr):18 %

(通称:18 クロムステンレス)

 

・マルテンサイト系ステンレス(SUS 410)

※クロム(Cr):13 %

(通称:13 クロムステンレス)

 

 

ちなみに

強度や 錆びにくさの 違いですが

鉄以外の物質 (ぶっしつ) の 割合が多い

 

SUS 304 (18 – 8 ステンレス)

SUS 430 (18 クロムステンレス)

SUS 410 (13 クロムステンレス)

の順に 錆びにくく

強度は 逆の順番 (かた) くなります!

 

 

そして

SUS 430 , 410は 磁性 (じせい) がありますが

SUS 304 は 磁性がありません。

 

 

こんな風に 色んな特徴 (とくちょう) がある

ステンレスを 強度や錆びにくさで

用途 (ようと) を 考えながら

使い分けて いるんだ!!

 

 

最後に なりますが

ステンレスのような 硬い異物

食品に 混入してしまうと

 

大きな事故 (つな) がってしまうかも

しれないよね・・・

 

 

しかも 食品工場では 色んな物に

ステンレスを 使っている()

 

 

だから 異物発見する 機械では

ステンレスが入った

テストピースを使って

テストピース

金属検出機のテストピース

X線.テストピース

※X線異物検出機のテストピース

 

 

ステンレスが 食品に入っていても

発見できることを 確認しているんだ!

関連記事

機械の動作確認はなぜ?そんなに重要なのか??

 

本文の終わりを示すイラスト

 

まだまだ!

他の記事も 読んでみたい方は

サイトマップ (目次) Go

サイトマップのイラスト

 

mint

 

コメントを残す