食品会社で実施するべき!安全衛生に関する決まりごと!!⑤

こんばんは!

 

今回は 衛生(健康)に

スポットライトを当てて

記事を 書こうと 思います。

 

まずは このブログでも紹介したけど

2015 年の 12 月から

ストレスチェック制度 (せいど)

義務 (ぎむか) になりました!

関連記事

もう準備してますか?ストレスチェック制度の義務化!

僕がどうやって ストレスチェック制度を立ち上げたのか?!

 

 

その背景 (はいけい) には 職場で働く人達

健康確保 (かくほ) する!という

想いが 込められているんだ!!

 

 

他にも 1 ヶ月の時間外労働(残業)が

100 時間!を超えた 従業員が

(みずか) ら』医師による

面接指導を希望した場合は

健康状態を確認するための

面談 (めんだん) をしないと いけません!

労働安全衛生規則 (ろうどうあんぜんえいせいきそく) 52 条

※時間外労働とは 休憩 (きゅうけい) 時間以外で

1 週間に 40 時間を超えて働いた場合

 

 

そもそも残業 100 時間って

働かせすぎやし!

『自ら』希望しなくても 面接しろよ!

って 個人的には思います。

 

しかも この面接は 医師が必要ないと

判断した場合は しなくていい

決まりに なっています。

労働安全衛生規則 52 条

 

 

100 時間も無理して 会社 () くす

多くの人は 迷惑 (めいわく) をかけたくないから

医師と 話をするときに

体調不良 (かく) そうとしますよ!

 

それを 話をしただけで

判断出来るんですか?

 

 

法律 (ほうりつ) で定められている 基準 (きじゅん)

もっと労働者の異常に気付けるように

見直して 欲しいですね!

 

 

ちなみに 面接指導の内容は

①対象者の勤務 (きんむ) 状況

疲労 (ひろう) 蓄積 (ちくせき) 状況

(しんしん) の状況と なっております。

労働安全衛生規則 52 条

 

正直!面接をしただけでは

判断が (むずか) しいですよね?!

 

 

そして 面接の記録として

実施 (じっし) した 年月日 (ねんがっぴ)

②対象となる 労働者の氏名

③面接をした 医師の氏名

疲労の蓄積状況について

身の状況について

上記の内容を 5 年間

保管しないと いけません!

労働安全衛生規則 52 条

 

 

まだまだ労働者の『特に』

健康に対して 法的には

配慮 (はいりょ) 不十分だと思います!

 

これから 少しでも多くの人が

体も健康に 仕事が出来る

環境になっていけば いいですね!

 

関連記事

あなたの会社は大丈夫?労働条件で知っておくべきこと!!

体調が悪いのに休めない・・・ あなたなら こんな時どうしますか??

実は・・・食品の品質労働条件って 深いつながりがあるんだよ!!

もう準備してますか?ストレスチェック制度の義務化!

僕がどうやって ストレスチェック制度を立ち上げたのか?!

リスクアセスメントが あなたの安全守る

 

 

まだまだ!

他の記事も 読んでみたい方は

サイトマップ (目次) Go

 

mint