セレウス菌と微生物検査 <準備編>

今日は 微生物の検査シリーズ

第八弾!!

 

セレウスの検査について

記事を 書きたいと 思います!

 

いつものことですが・・・

 

 

かなりマニアック

内容に なることは

覚悟 (かくご) して下さい()

 

 

※そして毎回 同じ

説明になりますが 過去に書いた

一般生菌 (いっぱんせいきん) 微生物検査

大腸菌群 (だいちょうきんぐん) 微生物検査の記事を

補足 (ほそく) として 利用しながら

 

解説しているので 読み進めていて

分からない 言葉が出てきたら

補足として 貼り付けている

内部リンクを 見てみて!!

 

 

それでは 始めます!

 

おっと!その前に・・・

 

 

セレウス菌の検査は

定性 (ていせい) 試験(居るか?居ないか??)

定量 (ていりょう) 試験(どれぐらい居るか?)

の 2 種類があるんですが

 

今回は 定性にも定量にも

用いることが出来る 検査方法を

紹介したいと思います!

 

 

まずは 検査の準備なんだけど

NGKG寒天基礎培地 (かんてんきそばいち) という

(Nacl (エヌエーシーエル) Glycine (グリシン) Kim (キム) Goepfect (ゴエッペクト) agar (アガー) )

寒天 (かんてん) の成分が入った 粉末状 (ふんまつじょう) 培地 (ばいち

(対象とする 微生物

増えやすく するための栄養)を

純水じゅんすい(精製水せいせいすい)で 溶かします!

純水についての 説明は

一般生菌微生物検査 ①を見てね!

 

 

これに 20 % の 卵黄液らんおうえきを加えて

調製ちょうせいした培地を シャーレに流し込み

固めた物をあらかじめ  準備しておきます!

 

何で培地が 固まるかについては

一般生菌微生物検査の補足

を見てね!!

 

20%の卵黄液についての 説明は

黄色ブドウ球菌と微生物検査の補足

を見てね!

 

 

ふう~()

これで検査の準備は 終わりです。

 

ちゃんと補足として 貼り付けている

内部リンクを見ながら 読んでよ(笑)

 

 

と言うことで 専門的な内容

ここまで読み進めてくれて

ありがとうございます

 

そしてお疲れ様でした!

 

ここで休憩にして 検査方法は

次回に 持ち越すことにしますね。

 

 

それでは

セレウス菌と微生物検査 <検査編>

この続きと共に お待ちしております!

 

関連記事

どうして?説明が難しいのに 微生物検査の記事に挑戦するのか??

セレウス菌って何?

一般生菌微生物検査①

一般生菌微生物検査の補足

大腸菌微生物検査<推定試験>

大腸菌群微生物検査<推定試験>①

大腸菌群微生物検査<確定試験>

大腸菌群微生物検査<完全試験>

黄色ブドウ球菌と微生物検査

黄色ブドウ球菌と微生物検査の補足

サルモネラ属菌と微生物検査 <前増菌培養>

サルモネラ属菌と微生物検査 <選択増菌培養>

サルモネラ属菌と微生物検査 <分離培養>

サルモネラ属菌と微生物検査 <確認培養> ① 

真菌(カビ酵母)と微生物検査

クロストリジウム属菌と微生物検査

 

 

まだまだ!

他の記事も 読んでみたい方は

サイトマップ (目次) Go

 

mint